FUKUFUKU LIFE 京都|丹波 福知山移住

MENU

FUKUFUKU LIFE INTERVIEW!

リモートワークで二地域スタイル(東京⇔福知山)~移住で見つけた理想の古民家暮らし~NEW

【プロフィール】

石橋 秀基さん(Ishibashi Hideki)

47歳/福知山市大内在住/長野県軽井沢町出身/会社員

2020年10月に空き家情報バンクで古民家を内覧したことがきっかけとなり、2021年8月より福知山市へ移住。リモートワークをしながら東京と福知山を往復し、福知山を拠点にお気に入りの住空間で趣味を楽しみながら古民家暮らしの日々を送る石橋さんを取材した。

 

古民家を探し求めて・・・

飲食店の立ち上げ準備やプロデュ―ス業が仕事の石橋さん。東京・大阪・福岡の三都市で生活を送る日々を長年過ごしてきた。都会を転々としながらの寮生活だったこともあり、そろそろ持ち家が欲しいなあ・・・と思い始めた頃、「家を買うなら古いものが好きだし、古民家に住みたい。」とまずは全国の空き家情報バンクのホームページを検索して、理想の古民家を探すことに。

「福知山市へ移住したのは、たまたま住みたいと思った古民家を見つけたからです。」と当時の思いを振り返る。空き家を内覧した際には、地元の人たちで設立された中六人部地域づくり協議会のメンバーが立会って地域情報も一緒に紹介してくれた。「住む前から地域の情報や人を知ることができて安心しました。実際に住んでみても良い場所でした。近所の人が野菜をくれたり、お茶会に誘ってくれたり。みなさん本当に親切にしてくれます。」と物件から選んだ移住先ではあったが、そこに後悔はなかったという。

▲福知山市の空き家情報バンクで内覧した物件は、改修が必要な箇所もあったが、一目見て気に入った古民家だったという。

 

▲「古いものが好き」という石橋さん。インテリアには、お気に入りのアンティーク家具を。古民家との相性も良く、石橋さんのセンスが光る。

 

仕事と趣味の両立

現在の仕事は、リモートワークが中心。仕事の量や必要性に応じて、東京と福知山を往復する日々を送っている。「東京ではよく歩いていたので、家から福知山駅まで試しに歩いてみました。そうしたら2時間かかっちゃいました。(笑)」と田舎ならではの笑い話も披露してくれた。ちなみに車だったら約15分で到着できるので不便ではないとのこと。家から東京までの移動時間は、車、電車、新幹線を乗り継いで約4時間以上を費やすが、移動時間も有効に活用すれば、いがいと!二地域居住は楽しめるようだ。

東京で働く日もある一方で、「福知山のこの家だったら仕事以外の時間を趣味に費やせるのがいいですね。」と福知山で働くことの醍醐味を語る。「福知山市は“ほどよく街”なので、おしゃれなカフェや大型のホームセンターがあるのもいいですね。大好きなコーヒーを飲みながらゆったり過ごす時間が好きです。時間ができた時は、YoutubeのDIY動画を参考にしながら、自分なりのDIYを楽しんでいます。」と東京で働いている時よりも趣味の時間が増え、人生の充実感も増したという。

▲リモートワークでは、オンライン会議をする日も。夜はバーのような雰囲気になるこだわりのキッチンにて。

 

▲縁側近くの庭を眺める瞬間は、仕事中に「ホッ」とひと息つける瞬間でもある。

 

▲こだわりのコーヒーギアでエスプレッソ珈琲を楽しむ時間は、至福の時間。

 

これから先の楽しみ

移住して約半年…。これから先の楽しみを聞いてみたところ2つあるという。「1つは、気に入って購入したこの古民家を大切にしながらDIYで自分好みの空間にもっと仕上げていきたいです。もう1つは、野菜作りに興味があるので、家庭菜園にもチャレンジしたいです。」と今後の意気込みを語る。

農家の人が高齢化している現実を目の当たりにしてからは、生産現場が元気でないと飲食店の未来も続かないと考えるように…。地域の人が、「枝豆を一緒に作ろう。」と誘ってくれたこともあって、自分も農業の技術を覚えてみたいと思い始めるようになったという。「近所の人におすそ分けしてもらった野菜を食べてみたら美味しくてびっくりしました。」と味わった感動を今度は自分の手で作り味わうことにもチャレンジしていくつもりだ。石橋さんにとっての田舎ならではの楽しみ方はこれからも続く。

▲【Before】畳の和室だった部屋が…

 

▲【After】DIYで板を張り、フローリングの洋室に大変身!

 

▲今も残る田園地帯。青空の下で、野菜作りにチャレンジすることが今後の楽しみ。

 

リモートワークの普及により、今の仕事をしたまま移住が可能な時代に。これまで以上に選択肢が広がったことで、地方の「古民家暮らし」や「農ある暮らし」に憧れている人もきっと多いはず。そんなあなたも空き家情報バンクでまずは理想の古民家探しから始めてみてはいかが?

 

石橋さんが暮らす中六人部の地区情報はこちら

福知山市の空き家情報バンクの物件情報はこちら

一覧へ戻る

他のインタビュー

ページトップへ