FUKUFUKU LIFE 京都|丹波 福知山移住

MENU

EVENT / TOPICS

【移住特区拡大】あらたに上六人部地区と雲原地区が指定されました!

update. 2020/12/24

平成28年度から開始した移住促進特別区域(移住特区)は、京都府の条例に基づき指定されるもので、本市内では令和2年12月、新たに「2地区10自治会」が指定され、「12地区106自治会」となりました。

移住特区では、移住者の空き家改修補助金が他の地域より手厚いなどのメリットがあり、この5年間で「約40世帯80人」が移住特区内の空き家を住まいや別荘、古民家カフェ、農家民宿などに活用されています。

【移住特区について】

(1)移住特区とは

空き家及び農地の活用による移住の促進及び地域の活性化を図るための特別な対策を講じる必要があると認められる地域

(2)移住特区の指定によるメリット

移住者の空き家改修補助金が他の地域より手厚くなります。(※)

(※)詳しくはお問合せください。対象物件は空き家バンクページ中に「移住特区」と記載しております。

②移住者が農家民宿や古民家カフェを開業されるなど、地域で活躍される移住者が増えることが期待できます。

③農業の担い手となって地域で活躍する移住者も増え、農山村地域の空き家や耕作放棄地の減少など地域の活性化につながることが期待できます。

 

★上六人部地区について

京都府北西部に位置する上六人部地区。緑豊かな大地とのどかな農村風景が広がる地域でありながら、舞鶴若狭自動車道福知山ICから車で10分、中心市街地からも車で約15分というアクセスの良さも併せ持つ地域です。当地区では、上六人部活性化協議会を中心に、農山村を体験できるイベントの開催などを積極的に取り組んでいます。既に先輩移住者が多くいますので、行政とも協力しながら移住を検討されている段階から実際に移住した後までサポートした体制を作っています。

▲酒造り体験

 

★雲原地区について

京都府北西部に位置する雲原地区。緑豊かな大地とのどかな農村風景が広がります。当地区では、地域の拠点づくりや地域イベントの開催、雲原応援団(雲原ファミリー)募集など地域に関わる方を増やす取り組みを積極的に行っています。既に先輩移住者が多くいますので、地域に馴染むためのフォロー体制があり、地域間や世代間などで交流を深めています。行政とも協力しながら移住を検討されている段階から実際に移住した後までサポートした体制を作っています。

▲ドラム缶レース

雲原についてもっと知りたい方はこちらのFacebookページまで

https://m.facebook.com/kumoharaumaimon

 

一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

ページトップへ