FUKUFUKU LIFE 京都|丹波 福知山移住

MENU

FUKUFUKU LIFE INTERVIEW!

描いた絵に向かって突き進む!~幸福・健康・富で暮らしを豊かに~NEW

【プロフィール】

佐伯侑梨加(Yurika Saeki)さん (写真左)
30歳/埼玉県出身
ジェフリー・マハー(Geoffrey Maher)さん (写真右) ニックネーム:グリフィー
31歳/アメリカ合衆国オハイオ州出身

 

オーストラリアで出逢った侑梨加さんとグリフィーさんは、2021年空き家情報バンクを通じて移住されました。福知山の地で描いた目標に向かって挑戦するお二人を取材しました。

それぞれの歩み

福知山に移住されるまでのお二人の歩みをご紹介します。

侑梨加さんは大学卒業後、2年間JICA海外協力隊としてモルディブ共和国で活動されました。活動を通して、現地の言語「ディベヒ語」を学ばれ、活動終了後侑梨加さんは「英語」を学びたいという想いを強く持ち、オーストラリアに語学留学のため海を渡りました。半年間の語学留学を終えた侑梨加さんは、語学留学の経験を活かし温泉街の旅館で仲居さんとして勤務され、オーストラリアに戻るための資金を蓄え、再びワーキングホリデーでオーストラリアへと渡ったのです。
グリフィーさんは15歳からバイオリンの先生として生徒に教え、世界を旅しながらウェディングやパーティー、パブでミュージシャンとして活動されていました。ミュージシャンとしての顔を持つ一方で、おじさんの影響もありカーペンター(大工さん)として仕事をされていました。

 

二人が出逢うまでの人生は非常にスケールが大きく、パワーを感じます。2018年、そんなお二人の出会いはオーストラリアでした。

△初めて出逢ったちょっぴり緊張した日の様子

△ニュージーランドでの様子

Geisha Teaの設立

ニュージーランドにて抹茶を販売する会社「Geisha Tea」を立ち上げました。グリフィーさんのおじさんが静岡県で抹茶を世界に輸出する仕事をされています。おじさんに抹茶を海外で売る仕事をしてみないか?と持ち掛けられたのが始まりでした。

キャンピングカーのような車で、抹茶のパケットをニュージーランドのマーケットにて販売を行いました。訪れたお客さんの反応は様々で、抹茶を知らない方もいたそうです。その後、試行錯誤を繰り返し、どうすればお客さんの目に留まるか改良を重ねながら、ついに1日で6万円売り上げることに成功したのです。
そして、ビジネスとして成功を収め、オーストラリアでもGeisha Tea抹茶の販売を行うまでとなりました。

新天地 福知山

侑梨加さんの妹さんの結婚をきっかけに日本に帰国されました。2週間後グリフィーさんも来日されたのですが、オーストラリアで最初にグリフィーさんと出逢ったとき、まさか日本に来るとは想像もしていなかったそうです。その後、群馬県や愛知県などで空き家を購入し抹茶を売りながら、カフェを立ち上げられました。
そして、2021年空き家情報バンクを通じて、福知山市へ移住をされました。
お二人は「ビジョン・ゴールを決めて頑張ることが好き」だと口を揃えておっしゃいました。具体的にゴールを分かるようにするためにゴールとそれまでの道のりを描いた絵があります。温室や家族や友達が泊まれるところなどを作り、「自給自足ができる環境」を目指し、「幸福・健康・富」をモットーとして、心身ともに良好な暮らしを送られています。お二人にとって目指す先があることで前向きにポジティブな思考で活動ができる源となっていると感じました。なぜ福知山を選んだのですか?と問いかけると、グリフィーさんは「その地が僕たちを呼んでいた」と答えてくれました。移住をするにあたって、移住先を決めることは人生のなかで大きな転換点となります。オーストラリアから帰国後、日本各地を巡り、様々な人たちと交流されてきたなかで、培われたのではないかと思います。
そんなお二人が福知山へ移住をされ、「福知山の好きなところはありますか?」というとグリフィーさんは「人がWealthyなところ」と答えてくれました。Wealthyは直訳で“裕福”という意味ですが、ここでのWealthyはお金だけではなく、エネルギーや気持ちの面で“豊かさ”であるとグリフィーさんの言葉を侑梨加さんが和訳してくれました。また、侑梨加さん自身は、「描いた絵が実現できそう」、「地域の人が接しやすい、ご近所のみなさんが優しい」と語ってくれました。

地域の方々に温かく受け入れてもらい、充実した生活を送っておられます。

△ふたりの理想が詰まった絵

△侑梨加さん・グリフィーさんと我が家

二人の理想を追い求めて・・・

福知山で新たな生活を送っておられるグリフィーさんと侑梨加さん。今後の目標についてお聞きしました。お二人の目標として、SDGsやサスティナブルに興味がありヨガと食事ができるヒーリングセンターを作ることを掲げられています。福知山で過ごす中で人にやさしいバリアフリーのバケーションハウスにも興味があるそうです。侑梨加さんは、世界一を決めるグローバルユニティージャパンの日本予選を勝ち上がり、2022年11月にシンガポールで開催される世界大会に出場されます。グリフィーさんは、YouTubeチャンネルにて子ども向けの絵本を読み聞かせにチャレンジされています。英語での読み聞かせをすることで、リラックスを聞く人に提供したいという想いを持たれています。

 

お二人からのインタビューを通じて、挑戦すること、何かを成し遂げることのカッコよさを感じ、これから二人が描いていく未来も輝かしいものになることを願っています。

 

佐伯侑梨加さん Instagram

Geisha Tea WEBサイト

YouTubeチャンネル  Folk Tales

 

 

一覧へ戻る

他のインタビュー

ページトップへ