FUKUFUKU LIFE 京都|丹波 福知山移住

MENU

FUKUFUKU LIFE INTERVIEW!

世界を肌で感じたヨソモノ視点で、福知山のまちづくりに関わりたい!NEW

小松遼太さん(32歳)

福知山市大江町在住。京都市出身。高校卒業後、某専門学校の広報部門で働いていたが、「世界を肌で感じたい」との思いでバックパッカーとして世界一周の旅に出る。帰国後は、京都府京丹波町地域おこし協力隊として活躍。その後2017年に福知山へ移住。

ふくふく暮らしな人々vol.19 ~小松遼太さん~ リーフレットはこちらからダウンロードできます。

Q.移住したきっかけを教えてください。

福知山のまちづくりに関りたいと考えたからです。

まちづくりに関わることがしたいと思い、北近畿の中心都市の福知山の立地の良さや可能性を信じ飛び込みました。また子育てのことも考え、妻の地元でもあり自然や公園などが豊富な福知山を選びました。

Q.今の暮らしの中で気に入っていることや良さは何ですか。

外からの視点で良さをPRしたい。

 食がおいしいことです!野菜などの素材はもちろん、スーパーの総菜や飲食店の料理のレベルが高いです!そして価格もリーズナブルです。また1時間ほど車を走らせれば海や他市町の観光名所など、どこへでも行けるので、家族でのおでかけが楽しいです!

以前は京都市内で働いていましたが、「世界を肌で感じたい!」と世界一周バックパックで回ったりしていました!世界を見ることで逆に日本のまちについて考えるようになり、京丹波町で地域おこしなどを行っていました。今は、福知山市大江町の移住希望者向け住宅で鳥のさえずりや鹿の声をききながら暮らし、福知山観光協会で働いています。

【いい所】 衣・食・住が全て揃うのが福知山です!そして「まちに城がある」ことは誇りに思います!また福知山の皆さんは移住者に対してwelcomeな人が多いので楽しく暮らすことができます!

【いまいちな所】 福知山の方が自分のまちのいい所にあまり気づけていないことです。外からの視点だからこそ分かる福知山の良さを広めていきたいです。

Q.今取り組んでいる活動について教えてください。

福知山をPRする仕事です。

福知山を全国や世界へPRしています!この間はタイ旅行博で甲冑を着てPRするなど、FUKUCHIYAMAが世界で認知され、選んでもらえるよう情報発信を続けていきたいです!昨年8月に始めたfacebookページ(京都 福知山観光協会Fukuchiyama Tourism Association)も500いいねをこえました!ぜひいいねをお願いします!

また、福知山商工会議所の青年部にも所属し、夏に開催のドッコイセこども大会や福知山を元気にする事業に積極的に取り組んでいき、福知山にもっと人が集い、楽しんでもらうことをしていきたいです!

▲タイ旅行博にて

Q.将来の仕事や暮らしで実現したいことがあれば教えてください。

子どもが「福知山で育って良かった」といってくれるようなまちにしたい!

福知山が、産業や観光などあらゆる分野で北近畿の拠点として発展していくためのキーパーソンとなりたいです。そしてもう1つは、家族と福知山で小さな幸せに感謝しながら暮らしていくことです。そして子どもが「福知山で育って良かった」といってくれるようなまちにしたいです!

▲福知山ワンダーマーケット(新町商店街)

Q.福知山市への移住希望者へひとことメッセージをお願い致します。

ちょうどええのが福知山です。

都会暮らしに疲れて人里離れた場所に行くと、そのギャップにきっと物足りなさでいっぱいになると思います。そんな時、ちょうどええのが福知山だと思います!「京都に住んでる」と他府県の人に自慢もできますよ!笑

小松さんの福知山の暮らしで好きなところ

・福知山内で生活に必要なものがすべてそろう!若者向け全国チェーン店もひととおりそろっているのが嬉しい!

・朝昼の寒暖差で霧がモワモワ!だから雲海が絶景で、またおいしい野菜もできるのです!

・京丹後など日本海まで1時間、京都市内まで1時間強、大阪市内・神戸方面まで1時間半とどこへでもちょうどいい時間で行ける立地の良さ!ファミリーで住むならいいとこどりできますよ!!←だから京都No.1の出生率?!

一覧へ戻る

他のインタビュー

ページトップへ