FUKUFUKU LIFE 京都|丹波 福知山移住

MENU

FUKUFUKU LIFE INTERVIEW!

生涯ギタリスト高橋克~継続は力なり〜 NEW

update. 2018/8/16

高橋克さん(54歳)

1963年8月17日生まれ。福知山で生まれ18歳まで福知山で過ごす。いとこの弾いていたギターに興味を持ったことがきっかけで、子どもの頃から音楽に親しむようになる。高校卒業後、京都市内のライブハウスで1年程アルバイトをした後、プロのミュージシャンをめざし東京へ。鳥山雄司さんのアシスタントになり、23歳で田原俊彦さんのバックバンドで紅白歌合戦にも出場。東京で着実にキャリアアップしていたが、2009年に福知山へUターン。Uターン後も、スタジオミュージシャン兼音楽プロデューサーとして活躍中。

 

ふくふく暮らしな人々vol.21 ~高橋克さん~ リーフレットはこちらからダウンロードできます。

 

 

Q.移住(Uターン)した理由を教えてください。

家族を近くで支えたい。

2008年9月に病気で倒れた母が退院することになった時、退院後も傍で支えたいと考えUターンを決断しました。当時、東京での音楽の仕事は順調で、幼い頃からの「夢」を実現している最中でしたし、最先端の仕事をするには、やはり東京がベストな場所だと考えていたため様々な葛藤がありました。ただ、「家族を近くで支えられるのは自分しかいない」との一心で、Uターンを決断しました。

 

Q.福知山に移住(Uターン)して感じたことは?

仕事に集中出来る環境

現在も、ネットや音楽ソフトを利用して東京など都市部での仕事を受けることが出来ています。ギタリストとしての実力と、決して諦めないという気持ちで、音楽に関わる仕事を続けられています。東京で音楽制作をする際には、壁1枚をはさんだマンションでご近所に気を使うことが多かったのですが、福知山では、家と家との距離が離れていてそれほどでもなくなりました。夜になると鹿が家の前を歩いていることもあります。そんな静かで自然を近くに感じる環境で、かえって集中でき、意外にも仕事がしやすいと気づきました。

▲ライブの様子

 

Q.夢は何ですか。

福知山を拠点に都市部での仕事を増やしていきたい。

生活の拠点は福知山に置きながら、音楽の中心である東京の仕事を今以上に増やしていきたいと思っています。自然豊かで人との距離も近い故郷・福知山。ここで家族と過ごしつつ、「夢」も全力で叶えていきたいです。

 

演奏している様子

Q.福知山市への移住希望者へひとことメッセージをお願い致します。

ほどよく街で、ほどよく田舎

京阪神へのアクセスもよく、都会と田舎の両方が味わえるのが福知山です。ほどよい田舎暮らしがしてみたいと思うならオススメです!

 

 高橋克(Katsu Takahashi)公式HPはこちら

 

高橋さんの福知山の暮らしで好きなところ

・都会過ぎず、田舎過ぎず、住みやすい街です。山や海が近くにあり自然を楽しめる一方で、生活するには困らない便利さもあります。

・京阪神へのアクセスが良い。だから、福知山に住みながら大阪でライブも行っています。

・作曲をする時、三段池公園にある「あずまや」に行くことがあります。景色がよく心落ち着く場所です。

一覧へ戻る

他のインタビュー

ページトップへ